忍者ブログ
主に日記ですか
[21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

のイベント後のオフ会に先日参加してまいりました。

いやー凄いですね150人て。圧倒されましたw
私はひどく人見知りなのであまり話しかけることはできませんでしたが、なかなか賑やかで楽しかったです。

また機会があれば是非とも参加したいところ。

そんなこんなで「アルフ×フェイト=嫉妬」の続きでもうp。

=============================================

「行ってきまーす」

 身支度もそこそこに慌ただしく玄関の扉を開け放ち、今朝もフェイトは駆けていった。
 相変わらず落着きがないのは毎度のことながら仕方のないことだろうか。
 アルフは軽くため息を吐いた。もう少し落ち着きのある朝は迎えられないのだろうかと。

「さーてと」

 掃除するかなー、と大きく背伸びをして部屋の中を見回した。

「ん? なんだこれ」

 アルフは視線をリビングの机の上に向けたところで止まった。机の上にはやや厚みのあるファイルが置かれている。

「あーこれはもしかして」

 そこでアルフは思い出す。昨夜フェイトがこのファイルに目を通していたことを。そして朝リビングにやってきた時も自分の席の脇に置いていたことも。

「まさか、忘れてったのかな」

 わずかな沈黙。
 仮にこれが忘れものだとしたら、フェイトはどうなるのだろうか。しかも重要な書類だとしたら。
 アルフは瞬時に様々な状況を想像した。
 このファイルを忘れたことによりフェイトは上司に怒られるだろう。
 しかも会議で持ち込まなければならない資料とかだったら多人数の前でフェイトは叱られるかもしれない。
 管理局の上司のことだ、フェイトに対してどんな辱めをするかわかったものではない。
 恥ずかしい格好をして一日中お茶運びをさせられたり、一晩中訳も分からず中年の上司の相手をさせられるかもしれない。

 マズイぞーー!!

 アルフの思考回路は最早正常に機能していない。
 あることないこと、いやその実ほとんどないことをつらつらと妄想しだした。
 膨らみ過ぎた妄想はやがて収まりきらずにアルフを駆り立てた。

「行ってきまーす!」

 居ても立ってもいられなくなったアルフはすぐさま家を飛び出した。

 ファイルは手に

 思考は何処に

 そして フェイトへの愛はこの胸に!

 この身に力を ラーブパワーー!!

 魔法幼女リリカルアルフ、ある意味終了のお知らせである。
 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
(10/04)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(07/03)
(08/02)
(08/14)
(08/20)
(09/06)